成功するためのフリーター就職ガイド

*

大学中退者の就職術

   

1.行政の支援も積極的に活用しよう!

 大学中退者が就職活動を始めるにあたり、求人サイトや転職エージェントに登録することが圧倒的に多いようです。手段の一つとして活用するのはとても良いことですが、案外見落とされがちな就職サポートがあります。それは、行政による若者の就職支援です。厚生労働省は、ニートやフリーターだけでなく、大学中退者や既卒の若者に対しても、さまざまな就労支援を行っています。積極的に活用してみてはいかがでしょうか。

2.行政が行う若者就労支援とは?

 大学中退者に活用してほしい、就労支援施設には、以下のようなものがあります。

★ここがポイント!
・全国160カ所に設置された「地域若者サポートステーション」
・46都道府県・89カ所に設置された「ジョブカフェ」

 では、この二つにはどんな違いがあるのでしょうか。

3.地域若者サポートステーションでの支援

 地域若者サポートステーションは、厚生労働省が認定した、全国にある若者支援の実績・ノウハウがあるNPO法人や株式会社などが運営しています。キャリアコンサルタントによる就職に向けた相談や、職場体験やインターンシップ(企業実習)といった各種就職支援プログラムの提供、コミュニーションスキルやビジネスマナーを習得するセミナーの開催など、その支援内容も多岐にわたっています。就職活動のさまざまなアドバイスも行ってくれるので、活用してほしいものの一つです。
 
4.ジョブカフェでの支援

 ジョブカフェは、都道府県が主体的に取り組んでいる、若者の就労支援で、求人の情報提供から適性・適職診断、キャリアカウンセリング、企業説明会、職場実習、職業紹介までを、ワンストップで提供してくれます。大学中退者は、自己分析や業界研究、企業研究の進め方に困る人も多いので、まずは相談に行ってみることをおすすめします。地域に根差した就職支援を行ってくれるので、地元での就職を希望している人にはピッタリでしょう。

選択肢の幅を広げることが大切!

 大学中退者の就職活動は、一人で抱え込みがちなものです。行政による就職支援は、一部の職業訓練を除けば、無料で活用できますし、対面で相談にのってもらえるというメリットもあります。こうした行政の支援と民間の求人ネットワークを併用すれば、希望の就職は必ず見つかるはずです。活用できるものはすべて活用し、選択肢の幅を広げましょう!

 - コラム

  関連記事

高校中退からの就職は正規雇用がお勧め

1、気になる高校中退後の主な進路  今は多くの人が高校へ進学する時代ですが学校の …

no image
新卒者以外の人の就職活動方法

新卒者以外の仕事の探し方 新卒者以外の人は、基本的に中途採用になります。例外的に …

no image
高卒者で就職先が決まらない人へアドバイス

高卒者で正社員雇用を目指している方にアドバイス  大卒者でも就職困難な現代社会に …

既卒就活には工夫が必要!内定をつかむ方法とは

1.既卒は新卒と違うと心得よ!  大学卒業後に正社員になれない若者が増えている現 …

no image
中卒者は誰にも負けないスキルを持とう

中卒者に必要な就職の要件  中卒者が就職活動を行う場合には、中学校を卒業してから …